ハワイのオシャレなホテル!ザ・モダンホノルル宿泊レビュー!

こんにちは、orphen(@orphenchannel)です。

今回のハワイ旅行では以前、BS TBSの「The Best Hotel」という番組で見て以来、ずっと気になっていたザ・モダンホノルルに宿泊してみました。

前回までのハワイ旅行記の目次

[nlink url=”http://travel.naprout.net/travelblogsinfo/hawaiitravel2015″]

The Modern Honolulu(モダンホノルル)に宿泊してみた!

ホテル全体の印象はシンプルでモダンな雰囲気で、カップルや夫婦ふたりでの旅行、女子旅向きな雰囲気。ゆっくりとふたりの時間を楽しみたい方に、とてもおすすめなホテルです!

エントランスロビー&フロント

モダンホノルルフロント

フロントは小さくて狭いですが、カウンターの後ろにはサイン入りのサーフボードが飾られています。サーフィン好きな方は、大好きなサーファーのサインを見つけてテンション上がること間違いなし!

またチェックインの際にフロントで、冷たいおしぼりとレモネードを用意してくれる心配り。

暑い屋外から入ってきて汗ばんでいる時には、とても有難いです。今までハワイで宿泊したホテルで、この様なおもてなしがあったのはモダンホノルルが初めて

ブックシェルフ
フロントの後ろ側には大きなブックシェルフが・・・ブックシェルフの手前にコンシェルジュデスクもあるので、旅の途中で相談したいことがあれば気軽に尋ねることができます。

▶︎ ザ・モダンホノルルの空室をチェック!

客室カテゴリーについて

モダンホノルルには、大きく分けて

  • シティービュー
  • パーシャルオーシャンビュー
  • オーシャンビュー

の3カテゴリーがあり、それぞれ通常タイプの客室とスイートルームがあります。

また、それらに加えてオーシャンフロントスイートとバリアフリールーム、1泊1室5,000ドルもするペントハウスがあります。またベッドタイプもダブルベッドが2つあるツインタイプとキングサイズベッド1つのタイプから選べます。

客室の内装(パーシャルオーシャンビューの場合)

今回、私たちはパーシャルオーシャンビューのキングサイズベッドタイプに宿泊しました。部屋の内装は白を基調とし、バスルームとラナイ沿いにあるブラインドは木製でした。

モダンホノルル客室入口

部屋に入ってすぐ右手にクローゼットと姿見。セキュリティボックスもクローゼットの中にあります。不要不急な貴重品はセキュリティボックスへ入れておきましょう。

モダンホノルル客室,パレオとウクレレ
各部屋にはウクレレやパレオが飾り棚に置かれています。

モダンホノルルコーヒーセット
コーヒーメーカーはリクエストベースです。

出発前にお願いするのを忘れていたので、朝出かける前にメイドさんにチップと共に手紙を置いておきました。

電話は日本語でも苦手なので、お手紙作戦を立ててみたのですが大成功でした!ただカップの補充もお願いしないとしてもらえないという・・・

バスルームはバスタブ付きのお部屋もあるけど、今回はシャワーブースのみ

モダンホノルルシャワーブース モダンホノルル洗面台

バスルームはバスタブがなくシャワーブースのみでした。バスタブがあるタイプのお部屋もあるようなので、バスタブが必要な方は、バスタブありのお部屋を予約しましょう。

アメニティはカリフォルニアのLATHERという会社のもので、とてもいいにおい♪すっかり気に入ったので日本でも買えるとこないかなぁ?

参考:LATHER公式サイト

最高のリラックススペース!ソファーベッド!

モダンホノルルソファーベッド

窓沿いにはソファーベッド。これがまた快適で快適で!ホテルに戻ってくると、ここでよくくつろいでました。

時にはビールとポテチを楽しみ、時にはコーヒーを楽しむ。ん〜っ!リゾートだぁ!

気になる眺めは・・・

モダンホノルルシティビュー モダンホノルルオーシャンビュー

ラナイに出てすぐはアラモアナセンター側のシティビュー、海側を向くとヨットハーバーと海が見えます。パーシャルなので、少しでも海が見えればOK!!

nightview
それに夜になると夜景が綺麗なんです!ラナイに三脚を立てて夜景を撮影してみました。

ブックシェルフには仕掛けが・・・

shelfopen
朝と夕方だけブックシェルフが開き、その奥はなんと!バー(The Study)になっているのです。

coffeeservicethestudy
朝はこちらで無料のコーヒーと紅茶のサービス(セルフサービス)と軽食の販売をしています。朝の時間をゆっくり過ごせます。

日頃、朝の時間はバタバタと慌ただしく過ごしているのですが、コーヒータイムをゆっくりと過ごす贅沢な時間を味わうことができました。

coffee
容器が紙コップなので、そのままコーヒー片手に出かけても良し、プールサイドで優雅に過ごすも良し、お部屋でマッタリ楽しむのもいいですね。

夜はムーディーな雰囲気なバーですが、週末はクラブイベント(ADDICTION)が開かれ地元の若者たちで賑わっています。ロコも通う話題のバーに足を運んでみませんか?

大人がくつろげる雰囲気抜群のプール

ホノルルはファミリー向けのホテルが多く、プールも子供がいた方が楽しそうなところが多いです。しかし、こちらのホテルのプールは大人がゆっくりとくつろげる雰囲気なんです!

morningpool
プールはデイベッドがたくさん並ぶサンライズプールと大人限定のサンセットプールの2種類あります。

nightpool
サンライズプールは23時まで利用する事ができ、夜はライトアップされています。夕方の少し涼しくなった頃にロングボード片手にデイベッドに転がるのは、とても気持ちよく至福の時間を過ごせました。

stairs
サンセットプールはサンライズプールの1つ上の階にあり、プールサイドの階段を上がっていったところにあります。砂が運び込まれ、ビーチ風になっています。こちらのプールは深さがないので泳ぐというよりは浸かったり、常備されている浮き具に乗ってプカプカと楽しむ感じです。

大人がプールサイドでゆっくりと寛げる空間で、カップルや夫婦だけで大人の時間を過ごすにはうってつけのホテルです。ワイキキの喧噪に疲れたら、ザ・モダンホノルルで大人な時間を過ごしてみませんか?

ザ・モダンホノルルの空室をチェックする!

まとめ

ずっと泊まってみたかったザ・モダンホノルル。廊下は少し暗めで最初ちょっと怖いなと思いましたが、慣れれば平気でした。

ハワイらしさと言われると、あまりハワイらしさはありませんが、ワイキキ中心部以外でも宿泊してみたいなというリピーターの方にも、おすすめできるホテルでした!

今までのホノルルにない雰囲気を楽しめます。23時までプールが開放されているホテルもホノルルでは少ないので、とても新鮮でした。

ワイキキ中心部から離れているとは言え、アラモアナセンターまでは徒歩約10分。バスターミナルもアラモアナセンターの中にあり、The Busで動く場合とても便利です。

もちろんトロリーも運行範囲内なので、トロリー派にもそんなに不便はありません。トロリーはすぐ隣のイリカイホテルから乗る事ができます。

ちょっとご飯を食べに徒歩でアラモアナセンター、トロリーでワイキキ中心部という選択肢もあります。

ザ・モダンホノルル