迪化街の午前中限定グルメ!!民楽旗魚米粉湯であっさり朝ごはん

民楽旗魚米粉湯

グルメパラダイス台湾!おいしいものには目がないorphen(@orphenchannnel)です。

台湾には朝ごはんの時間帯だけ営業していて、売り切れ次第終了というお店が多く存在しているのをご存知ですか?

ホテルで朝食という方も多いかもしれませんが、せっかく美食の国に来たのだから現地グルメを楽しみましょう!!

迪化街へ午前中限定の米粉湯を食べに行ってみた!

迪化街といえば、レトロな建物が並ぶ問屋街。最近は古い建物をリノベーションしたカフェや雑貨屋さんが新しくオープンしていたりもします。そんなレトロな街並みを楽しめる迪化街で、昔からのという言葉ピッタリな民楽旗魚米粉湯へ行ってみました。

 

こちらのお店は午前中のみの営業で、午後からは同じ場所なのに違うお店の営業になります。建物が同じなのに、とっても不思議です。台湾では、よくあることなのでしょうか?

 

場所は永楽布業商場の目の前!

永楽布業商場

民楽旗魚米粉湯は迪化街でも、ひと際目を引く永楽布業商場に向かって右側の道路を渡ったすぐのところにあります。

 

一瞬入るのをためらってしまうような外観ですが、味は間違いなくおいしくて、一度食べたら忘れられません。ついつい見た目で判断してしまうところがるのですが、今までもったいないことをしてきたなと思います。

看板メニューはもちろん米粉湯(ミーフェンタン)

民楽旗魚米粉湯

こちらのお店の看板メニューは、もちろん店名にもなっている米粉湯(ミーフェンタン)。豚肉を赤麹で漬けて揚げた炸紅焼肉も人気です。

米粉湯だけでは物足りないという方は、是非付け合わせで注文してみてください。

 

ということで、お店の前で大きな鍋でスープが煮込まれているこれで間違いないと思い、鍋を指差して注文します。

 

中国語が全く話せないため、指差し最強です!!

 

注文後は、空いている席に座って待ちます。米粉が茹で上がったら、熱々のスープを注いで熱々を運んできてくれます。

 

スープから漂ってくる出汁の香りがたまりません。

 

米粉湯

テーブルの上に置かれているスプーンとお箸で、いただきま~す♪

 

ん~!!あっさりとした出汁の味!!

少し胃が疲れていたのもあって、出汁の味と香りに癒やされます。

 

スープはカジキで出汁を取っているそうです。あっさりとした出汁の味で勝負していて、よけいな味付けは一切ありません。油っこい食事で胃が疲れてきたなという時にもピッタリで、出汁の効いたうどんや蕎麦が大好きな関西人には、最高の一品です!!

まとめ

ということで、今回は迪化街にある民楽米粉湯へ行ってみました。日頃ついつい店舗の見た目で判断してしまっていますが、こんなにおいしい物が食べられるんだ!と、とても感激しました。記事用の写真を選んでいると、思わずお腹がぐ〜っと言ってしまいます。

午前中しかやっていないお店ですが、台北に滞在するならぜひ一度は行ってみてください。迪化街はリノベスポットとしても注目されているので、食後は街並みを散策してみるのも楽しいですよ。

民楽米粉湯アクセス情報

  • 住所 台北市民楽街3号
  • 営業時間 6:00~12:00(売切れ次第終了)
  • アクセス方法 MRT「北門」駅 2番出口から徒歩約8分