大判焼き?今川焼き?いえいえ、長浜では暫(しばらく)です!

しばらくアイキャッチ

ブログの1番上の画像のおやつ。大判焼きや今川焼き、太鼓まんじゅうなど色んな呼び方があります。こんにちは、orphen(@orphenchannel)です。

皆さんのお住まいの地域では何と呼んでいますか?

長浜市民に50年以上愛され続けている

しばらく包装

タイトルに正解を書いてしまっていますが、長浜では「暫(しばらく)」と呼ばれています。包装紙にも大きく「暫(しばらく)」と書かれています。

 

子どもの頃から慣れ親しんでいる長浜市民が心から愛するおやつ。

 

長浜の駅前通りにある茶しんで販売されています。しかも初めて発売されたのは50年以上前なんです!!

 

「しばらく」は、「しばらく」という名の食べ物だと思っていたので、大学で京都に行くまで大判焼きにカテゴライズされるものだとは知りませんでした。

他のお店で大判焼きを売っているのを見ても、「あれは大判焼きっていうやつで、しばらくとは別物やな。」なんて思ってきました。

 

むしろ、大判焼きを見ると「しばらく」と条件反射的に呼んでしまうのが長浜市民です。

中身はあんこがたっぷり!!

「しばらく」には普通の粒あんと、白あんの2種類があります。そして、あんこを特に種類を指定しないかぎりは、粒あんが渡されます。

 

白あんがあまり好きではないので、白あんを注文することは、まぁ、まずありません。

 

とはいえ、確実にこっちが食べたい!!という指定がある場合は、粒あんか白あんをちゃんと指定しましょう。

 

しばらくアップ画像

中身は、こんな感じ!!あんこがたっぷりと詰まっています!!

持って帰って冷めてしまった時は、レンジでチンもいいのですが、よりおいしく食べられる方法があります。

 

アルミホイルで包んでオーブントースターで温め直すだけ!!

 

とても簡単なのに、これだけでよりおいしく食べられるんです!!

 

コストコのディナーロールを解凍して食べる時に見つけた方法なのですが、これが何かと応用が効くんですよね。お持ち帰りしてきたものが冷めてしまった時には試してみるといいですよ♪

茶しん長浜駅前本店で購入できます!

しばらく

ここまで紹介してきた「しばらく」は、長浜駅から5分ほど歩いたところにある茶しん長浜駅前本店で購入できます

長浜へ観光で来られる方は黒壁を訪れる方が多いですが、黒壁に入る前に駅前通りをもう少しだけまっすぐ歩いて行ってみてください。

ザ・昭和!なレトロな建物で50年以上変わらぬ味を提供し続けている茶しんがあるんです!!

 

しかも今も、1個78円なんですよ!!

 

この前、数年振りに訪れたにも関わらず78円だったので、ビックリしました。きっと1個100円ぐらいやろなぁ・・・と思っていました。

こんなに安いのに、北海道産の小豆を使用し、防腐剤・保存料は一切使われていないんです

だからこそ普段お菓子をあまり食べさせないようにしていた両親が安心して食べさせられるおやつとして、子どもの頃に買ってくれていたんだなぁと思いました。

まとめ

ということで、長浜市民の愛するソウルフードしばらくを紹介してみました。長浜観光の際には、ぜひ一度立ち寄ってみてくださいね。

ちなみに、この茶しんではホワイト餃子やイタリアン焼きそばなど、ちょっと変わった長浜グルメが楽しめたりします。こちらも要チェックです!

茶しん長浜駅前本店

○営業時間

  • 土日祝祭日 11:00~19:00
  • 平 日 11:00~14:00、17:00~19:00(*暫は9:00~19:00)
  • 定休日 毎週火曜日(火曜日が休日の場合変更有り)

○アクセスマップ

◆電車でのアクセス・・・JR長浜駅より駅前通りを直進 徒歩役5分