シンガポール 家族で楽しむセントーサ島!行き方と3つのおすすめ!

シェアする

USS地球儀

シンガポールの一大レジャースポットといえばセントーサ島!

しかし、残念ながら雨に降られてユニーバサルスタジオに行けなかった、とても残念なorphen(@orphenchannel)です、こんばんは。

前回までのシンガポール旅行記目次

スポンサーリンク

セントーサ島は1日楽しめるリゾートアイランド!

テーマパークや世界最大級の水族館、ウォーターパークにビーチ、それにカジノもあり、子どもから大人まで楽しめるリゾートアイランド セントーサ!!

シンガポールへ行ったら、一度は訪れておきたいエリアのひとつです。近年どんどん開発が進み、魅力的なレジャー施設が増えています。

シーアクアリウム

今回は、セントーサ島への行き方とおすすめスポットを紹介します。訪れる際に、参考にしてみてください。

[スポンサーリンク]

るるぶシンガポール’15~’16 (るるぶ情報版海外)

新品価格
¥1,080から
(2015/12/8 23:51時点)

セントーサ島へのアクセス方法

セントーサ島への上陸方法は下記の4つがあります。

  1. セントーサエクスプレス(モノレール)を利用する
  2. セントーサボードウォークを歩いて渡る
  3. マウントフィーバーからケーブルカーを利用する
  4. タクシーを利用する

その中で最も一般的なアクセス方法は、セントーサエクスプレスを利用して、モノレールで上陸する方法です。

ビボシティ

モノレール乗り場は、ハーバーフロント駅に隣接するビボシティと呼ばれるショッピングセンターの中にあります。

ハーバーフロント駅に到着すると、上の写真のように案内が出ているのでVivoCIty/Sentosa Expressと書かれている方向を目指します。

ショッピングセンターの中に入れば、そこはもうビボシティです。後はエスカレーターで3階を目指します。

そこにモノレール乗り場や、アトラクションのチケットを買ったりできる案内所があります。

また案内用のパンフレットも日本語のものが置いてあるので、英語がわからなくても安心!各国語のパンフレットが並んでいるので、その中から日本語のものを手に入れましょう。

地下鉄とモノレールを利用してセントーサ島へ行く方法

私たちは地下鉄とモノレールを利用してセントーサ島へ上陸したので、セントーサエクスプレスでの上陸方法を紹介します。

セントーサエクスプレス

  • 市内各地から地下鉄 北東線(North East Line)もしくは環状線(Circle Line)のハーバーフロント(Harbour Front)駅
  • ハーバーフロント駅で下車後、ビボシティ(Vivo City)3階
  • セントーサエクスプレスのチケットを購入する(1人4ドルで1日乗り放題)
  • セントーサエクスプレスで目的のレジャー施設の最寄駅へ!

市内各地から地下鉄北東線もしくは環状線に乗り換えて、ハーバーフロント駅まで来れれば後は迷うことはなく簡単です。

セントーサ島で行っておくべき3つのおすすめスポット!

地下鉄からモノレールを乗継いでここまで来たけど、これから何をすればいいのか?多数のテーマパークがありますが、今回はその中からおすすめのスポットを3つ紹介します。

この3つをおさえておけばハズレはない鉄板のスポットです!

どちらもセントーサエクスプレスの1駅目ウォーターフロント駅で下車して、すぐの場所にあるので3つとも歩いて回ることができます。初めてのセントーサなら、この3つに行っておけば間違いなし!!

そして、雨で1つしか行けなかったのが私です・・・

ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)

言わずと知れたテーマパーク。大阪にもUSJがありますが、シンガポールにはトランスフォーマーやハムナプトラなど日本にはないアトラクションが多数あります。

ユニバーサルスタジオシンガポール

また日本でもやっているウォーターワールドなども英語上演になるので、いつもと違った雰囲気を楽しめること間違いなし!!日本のUSJとは違うところや同じところを見つけながら歩いてみるのも楽しそうですね。

他にもマダガスカルやシュレック城など、お子様も一緒に楽しめそうなエリアもありますので是非行ってみてくださいね。

規模は日本のUSJと比べると小さめなので、割と早く回れると聞いています。セントーサ島での1日の1つに入れてみてはいかがでしょうか?私も雨じゃなかったら行きたかったなぁ・・・

USS来園情報

世界最大級の水族館!シーアクアリウム

2012年に誕生した世界最大級の海洋水族館!!幅36メートル、高さ8.3メートルの巨大水槽は圧巻!!大きなマンタやナポレオンフィッシュなど海の仲間たちが悠々と広い水槽を泳いでいました。ずっとこの前から動かず見ていたくなるほど癒しの空間でした。

シーアクアリウム

頭上を海の生物たちが泳ぎ回る海中トンネルでは、まるで自分が海中にいるかのような雰囲気を味わうことができます。

他にもここのすごいところは、この巨大水槽の向こう側にはスウィートルームが作られていて水族館に宿泊することができるんです!!水族館好きにとって夢のようなひと時ですよね〜♪

シーアクアリウムを実際に訪れた記事は次回以降掲載予定なので、詳しくはそちらをお待ちください。

シーアクアリウム来園情報

マーライオンタワー

世界3大がっかり名所とも言われるマーライオン。シンガポールといえば・・・のシンボル的な存在なのに、なかなかかわいそうな存在でもあります。

実際は

「おぉっ!!本物のマーライオンや〜!!」

と私は、とても喜んでいました。

えぇ・・ただ単に単純なだけかもしれませんが・・・

マーライオンタワー

しかし、ここでのマーライオンはひと味違います!!とにかく大きくて、マーライオンの体内に入ることができます!!口の部分が展望台になっていて、お天気がいいととても眺めが良さそうです。お天気が良ければ・・・

はい・・・雨だったので上っていません。曇ってる時に行っても眺め良くなさそうですし。悔しいので、もう一度シンガポールを訪れたら、リベンジで行ってみようと思います!!

マーライオンタワー来園情報

  • 入園料 大人(13歳〜59歳) 12ドル、子ども(3〜12歳) 9ドル、シニア(60歳〜) 9ドル
  • 営業時間 10:00〜20:00

[スポンサーリンク]

まとめ

ということで、今回はセントーサ島への行き方と、おすすめスポットを3つ紹介してみました。まだまだたくさんのアトラクションがあるセントーサ島!!シロソビーチやウォーターパークなども楽しそうです。

遊べる場所がたくさんあるので、訪れる際には何をするか入念に計画を立てて訪れた方が良さそうです。家族で楽しめるリゾートアイランド。たくさんの思い出を作ってきてくださいね。

webもちょっとだけできるDTPデザイナーで旅ブロガー。
海外旅行歴6年。アジアを中心にハワイやシドニーなどへ行ってます。最近は台湾が大好きでリピートしています。TwitterやFeedlyをフォローしていただくと、更新情報を逃さず手に入れられます。ぜひフォローしてくださいね♪
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
シンガポール 家族で楽しむセントーサ島!行き方と3つのおすすめ!
この記事をお届けした
travel.naproutの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!