【初めてのAndroid】iPhone5sからHuawei P20 liteに機種変してみた結果【レビュー】

p20lite

こんにちは、orphen(@orphenchannel)です。

長らくau版iPhone5sを使い続けていたのですが、先日バッテリーが膨張して液晶が外れそうになり遂に新しいスマホにしてみました。

今回、購入したのは約3万円のHuawei P20 liteずっとiPhoneしか使ったことがなかった私がAndroid端末を使ってみてどうなのか?という話を中心にお届けしていきます。

この記事では、

  • iPhone5sからP20 liteにしてみて良かったこと
  • P20 liteにして困ったこと
  • 気になるカメラの性能は?
  • P20 liteを購入したら同梱されていたもの
  • P20 liteのために追加購入したもの

についてお話していきます。

Huawei P20 liteを使ってみた!

p20lite

3年以上大事に使い続けてきたiPhone 5sから、遂に機種変。機種変してみて良かったことが大半なのですが、困っていることもそれなりにあります。ずっとiPhoneしか使ったことがなくてAndroidにするのは不安でしたが、使ってみると意外と良い感じでした。

回線を格安SIMにしたことで、私のようにiPhoneを諦めないといけなくなった方のために参考になればと思い、この記事を書いています。

iPhone5sからP20 liteにしてみて良かったこと

年代物のiPhone5sからの乗り換えなので、今時のスマホの進化にただただ驚いているわけですが、実際に機種変してみて良かったことについてです。3万円でこれだけ使えるなら、無理にiPhone持たなくてもいいかなと思わせてくれるぐらい満足しています。

充電が丸1日保つのでモバブいらず!

まずは、ごくごく当たり前のことなのですが、丸1日バッテリーが保つこと。これに尽きます。3年も使用しているとバッテリーもヘタリきっていました。

半日もすれば充電が半分以下・・・なんていうことも。

そうなると仕事へ行く時も、プライベートで出かける時もモバイルバッテリーが手放せません。普段はcheero Power Plus 3を持ち歩いています。

サイズ感は小さいのですが、ずっとケーブルを繋いで持ち歩くとスマートフォンなのに全然スマートじゃない。しかもカメラの充電にも使っているため、モバブの充電が無くなるなんてこともありました。ごくごく当たり前の話だけど、丸1日充電しなくてもいいのは快適です。

画面が大きくなって見やすい!

iPhone 5sでも不自由はしていなかったのですが、やっぱり画面が大きいと見やすくて目の疲れも軽減されました。

職業柄、1日ずっとパソコンとにらめっこという日も多く、目が疲れすぎて眼球と頭が痛いということもよくあります。スマホの画面が大きくなるだけで目の疲れが軽減されたのは、本当に有り難いことです。

画面は大きくなったけど横幅がちょうどいい

P20 liteは他の大きめのスマホと違って、横幅はiPhoneと変わらない感じで縦に長くなっただけで手に馴染むサイズなんです。

iPhoneのPlusシリーズだと横幅も大きくなって手が小さい私には使いにくいんですよね。だから、画面は大きい方がいいけど、手が小さいから横幅が大きいと掴めない女性にとてもオススメです。

顔認証と指紋認証の両方が使える

iPhone Xでは顔認証システムに変更になったことが話題になりました。しかし指紋認証が無くなったので、冬はずっとマスクをしている日本人には不向きだという話をよく見かけます。

しかし、HuaweiのP20シリーズは、顔認証と指紋認証の両方が使えます

しかもiPhone 5sと比べて、めっちゃ速い!

認証率も高くて、指紋が薄い私にも快適なシステムになっています。

Google系ツールと相性がいい

Android端末にするのはとても不安だったのですが、使い始めてみるとGoogleドライブやフォト、連絡帳、GmailなどのGoogle系ツールとの相性がとても良いことに気付きました。

家族の予定もGoogleカレンダーで共有しているため、カレンダーアプリを開けば2人の予定がすぐ分かって便利。写真も撮ったら、すぐにGoogleフォトにバックアップされます。

*モバイルデータ通信を利用する設定をしている時のみ。

何よりも仕事でGoogleドライブを多用していると、いちいちMacBook Proを立ち上げなくてもスマホでとりあえずデータチェックができるのが最も役立っています。Android端末って便利だなと感じた瞬間でした。

iPhoneのからP20 liteにして困ったこと

さて、P20 liteを使い始めて良いこともたくさんあるのですが、反対に困っていることも少しあります。単純に使い方が分かってないだけということもあるかもしれませんが、iPhoneからAndroid端末にしようと思っている方は事前に知っておいた方が安心かもしれません。

各アプリ等のサービスごとのパスワードや引き継ぎが面倒

これは私の記憶力や管理方法が良くないという話かもしれませんが、iPhoneからiPhoneへの乗り換えと違ってOSが変わると1つひとつのアプリでパスワードや引き継ぎ作業をしないといけません。

基本的な乗り換えに関してはP20 liteを最初に起動すると、フォンクローンというアプリを利用する様に案内が出てきて書いてある通りにやれば、iPhone本体の連絡先や写真や動画などを丸ごとコピーしてくれます。ここまでは、やってみたら意外と難しくありませんでした。

*ただしLINEやインスタグラム、ツイッターなどは改めてIDやパスワードが必要になります。

LINEの引き継ぎについて

LINEの移行には、LINE IDとパスワードが必ず必要になるので、機種変前に確認しておきましょう。またLINEのトークはOS間をまたいで引き継ぐことはできません。

LINEの引き継ぎ方法に関しては、LINE公式サイトの「【最新版】 LINEのアカウントを引き継ぐ方法」という記事が分かりやすかったです。

ホームボタンがないパニック

これまで使っていたiPhone 5sには物理キーでホームボタンがありました。しかしP20 liteにはホームボタンがありません

画面を起動していない状態からカメラを使おうとしてホームボタンを探してしまいます。もちろん電源ボタンから起動できるのですが、それもiPhone 5sでは本体上部にあるのが右上側面に変わりました。

おかげでカメラが起動できず、シャッターチャンスを逃すことも・・・

これは慣れの問題だと思うので、じっくり使って慣れていこうと思います。設定でモーションコントロールの項目で本体を持ち上げれば起動するという機能を設定してみようと思います。

車のナビ経由でのオーディオが使えない

車通勤な地方に住んでいるので、車内で音楽を聞く方法は重要です。私の場合は、カーナビから延びているケーブルを経由して、Spotifyなどで音楽を楽しんでいます。

しかし、困ったことに対応しているのはiPhone・iPodなどのアップル製品のみ

朝夕の仕事モード、プライベートへの気分の切り替えにもなっていたので、これはなかなかのストレスかもしれません。仕方ないので、テザリングで利用する感じでiPod TouchかiPadを買おうか真剣に悩んでいます。

気になるカメラの性能は?

スマートフォンで気になるのがカメラのキタムラ性能ではないでしょうか?

iPhoneだとPlusシリーズかiPhone Xでしか付いてこないデュアルレンズが、P20 liteにも付いています。わずか3万円でデュアルレンズはコスパ最強です。しかもインカメも1600万画素と高画質。自撮りや旅先での記念撮影にも十分使えます。

実際に何枚か試し撮りしてきた写真があるので載せておきます。写真はサイズをブログ用に小さくした以外は、何も加工していません。写真をクリックすると、大きなサイズで見られます。

P20 liteを購入したら同梱されていたもの

p20lite同梱物

Huawei P20 lite(SIMフリー版)には以下のものが同梱されています。

  • 本体
  • クリアケース
  • USB type Cケーブル
  • ACアダプター
  • イヤフォンマイク
  • SIMピン
  • 取扱説明書

P20無印以上の上位機種には、画面の保護フィルムも貼られています。ただし、上位モデルにはイヤフォンジャックがありません。

P20 liteのために追加購入したもの

ガラスフィルム

P20 liteは購入するだけでケースやイヤフォン、USBケーブルが付いてきます。しかし、画面保護フィルムや予備のUSB-Cケーブル(旅行用と分けるため)などが必要です。

ということで、下記のものを購入しました。

他にも最初からケースは付いてきていますが、Amazonを見ていたら衝撃に強いクリアケースがあったので買おうかどうしようか迷っています。

まとめ

p20lite

長く大事に使い続けてきたiPhone 5sからAndroidに乗り換えるのは、最初すごく不安でした。データや設定の移行もiPhone同士ならApple IDで全部簡単にできるのに! パスワードなどの分からなさに挫けそうになったこともありました。

しかし、一度設定が完了してしまえば思っているより快適でiPhoneにこだわらなくてもいいかなぁとも思い始めています。私の基本的な用途がカメラ、LINE、ツイッターだけというのもあるかもしれません。

尚、ゲームでの使い心地に関しては、ほとんどゲームはしないので分かりません。スペック的なことが気になる方は、Huawei公式サイトを参考にしてみてください。

格安SIMを使ってみようかなという方へ・・・

私は現在、格安SIMのmineoを利用しています。auを使用していた時から比べると、毎月6千円近く安くなりました。格安SIMだからといって、特別通信速度が遅いわけではなく私のようにLINEや電話が使えればいいという程度の方にはおすすめです。

別ブログで、実際にどのくらい安くなったのかを書いています。「auからmineoへ…スマホ料金はどのくらい安くなったのか?」という記事を参考にしてみてください。

mineoに乗り換えてみようという方は、事前にAmazonや楽天でエントリコードを購入してから申し込むと契約事務手数料が無料になるのでお得です。

また当サイトの紹介コードから申し込むと、利用開始から3ヶ月後にAmazonギフト券がもらえます。もらえる金額や条件などは、リンク先からご確認ください。