台湾・高雄の夜と言えば!六合夜市&暑い夜の〆には高雄婆婆氷!

六合夜市水餃子

こんにちは、orphen(@orphenchannel)です。

2018年5月の高雄旅行初日の夜。

台湾の夜の楽しみといえば、やはり夜市です。おいしいグルメはもちろん、衣類や雑貨、子供向けのゲームなど多くの屋台が並んでいる光景は子供の頃の縁日の様でワクワクします。

高雄を訪れるのは2〜3回目ですが、台北からの日帰り旅ばかりで宿泊してゆっくり街を歩くのは初めてです。自強夜市や瑞豊夜市など色々ありますが、今回は定番の六合夜市を訪れてみることにしました。

この記事では、

  • 六合夜市のパパイヤミルクと水餃子を紹介しています。
  • 〆に高雄婆婆氷でマンゴー氷を食べに行きました。

高雄の定番夜市!六合観光夜市へ行ってみた

六合夜市

駁二芸術特区でフォトウォークを楽しんだ私たち。そろそろお腹が空いてきたこともあり、六合夜市へ繰り出すことにしました!

六合夜市へは、MRT「西子湾」駅から地下鉄で行くのが1番早いのですが、最近開通したLRT(ライトレール)に乗車してみることにしました。

高雄LRT

乗車したのは、「哈瑪星」駅から「前鎮之星」駅まで。LRT「前鎮之星」駅からはMRT紅線「凱旋」駅に接続しています。六合夜市へは、MRT「凱旋」駅から4駅行ったMRT「美麗島」駅で下車します。

 

美麗島駅光のドーム

美麗島に到着し改札を抜けると現れるのは、ステンドグラスで作られた「光のドーム(光之穹頂)」。イタリア人芸術家のナルシサス・クアグリアータ氏によって作成されたもので、4,500枚ものステンドグラスが使われているそうです。

美しいステンドグラスを眺めたら、すぐ近くにある11番出口を目指しましょう。

六合夜市

こちらの出口は階段しかありませんが、階段を登りきったら目の前が六合夜市です。初めて来る時には、1番分かりやすい出口です。11番出口を出るとすぐに「六合夜市」と書かれた看板があります。

エスカレーターやエレベーターを使って外に出たい場合は、1番出口からが便利です。


六合夜市入口すぐの鄭老牌木瓜牛奶でパパイヤミルク

六合夜市パパイヤミルク

六合夜市へ到着するなり「パパイヤミルク」の屋台を発見!!

しかもたくさんの人だかり!これはおいしいに違いない!

この手の屋台街では、人が多いお店=おいしいお店ということが多いです。

六合夜市パパイヤミルク

ということで、早速パパイヤミルク(60元)をゲット!コクがあって美味しい!

お店のおじさんもニコニコしてて、「はい、パパイヤミルクね〜。ありがとう」みたいな感じで渡してくれて、印象もとても良かったです。やっぱり台湾はいいとこだ。全然、中国語分からないけど。

後から聞いた情報によるとスイカジュースも美味しいらしく、次回訪れた時にチャレンジしてみようと思います。

方記水餃の水餃子&酸辣湯

六合夜市水餃子

パパイヤミルク片手に次に訪れたのは、方記水餃。水餃子がおいしいことで有名なお店です。

 

方記水餃

お店で1つ1つ餃子を包んでいます。中身の餡はもちろん、皮がモチモチでおいしいんですよね。

 

方記水餃

方記水餃では1人1品(水餃子は10個〜)ずつ注文しないといけないけど、おいしくてペロッと食べられてしまいます。

今回、注文したのは水餃子10個と酸辣湯。本当に美味しくて、あっという間に無くなってしまったので、20個注文すれば良かったなぁ・・・

一緒に出てくるタレもゴマ油の香りと少し甘めの醤油で、水餃子の美味しさをより引き立たせてくれます。

 

方記水餃 酸辣湯

続いて、餃子と一緒に注文した酸辣湯。丼サイズの大盛りで具だくさんです。何軒か食べ歩こうと思っていたのに、これは失敗したな・・・一気にお腹がいっぱいになってしまう・・・

お店によって全然味が違う酸辣湯ですが、こちらの方記水餃のは酸味が強く好みが分かれる味付けでした。酸っぱい味付けが苦手な方には、おすすめできません。

初めての高雄で方記水餃を訪れるのであれば、水餃子を人数分注文するのがおすすめだと思います。

なお、水餃子は1粒5元、1皿あたり10個〜注文可能です。また酸辣湯は、これだけ入って30元。飲み物は販売されていないので、近くの屋台やコンビニでお好みものを購入して持ち込むことになります。

暑い夜には高雄婆婆氷のマンゴー氷がぴったり!

方記水餃で思いのほかお腹いっぱいになってしまったのと、暑さでバテてしまったこともありホテルへ戻ろうかという話に・・・

しかし、まだまだ早い時間。このまま帰るのはもったいない!

という事で、今回宿泊している「スモーキージョーズアパートメント」の最寄り駅である「塩埕埔」駅から歩いてすぐの「高雄婆婆氷 創始店」でかき氷を食べに行くことにしました。

「高雄婆婆氷」はフルーツが載ったかき氷はもちろん、小豆やあんみつのようなものが載っている台湾らしいかき氷まで幅広く販売されています。

冬の時期にはイチゴたっぷりのイチゴ氷があるらしいとの事。今年の12月にもう一度、高雄へ行くので、その時に食べられたらいいなぁ・・・

高雄婆婆氷 マンゴー氷

5月ということで早くもマンゴーが食べられる季節です!

高雄婆婆氷の看板メニューでもある「マンゴーミルクかき氷」を注文してみました。ごろごろと大きくカットされたマンゴーとマンゴーアイスが載っています。

ふわふわの雪花氷にも追加料金で変更できますが、注文したのはノーマルタイプ。練乳とよく合う削り方で、あっという間に完食。

今まで台北で食べてたマンゴー氷は何だったんだ!?と思うくらい、マンゴーが甘くて、マンゴーアイスもシャーベットの様で甘すぎず、今まで台湾で食べたかき氷の中ではダントツの1位!!

高雄へ行く機会があれば、是非食べていただきたいです。こんなにたくさんマンゴーが載っていて、お値段も100元だというんだから驚きです。みんなが大好きな雪花氷にも+20元で変更できます。ぜひお試しください。

まとめ

今まで何度か高雄を訪れたことはありましたが、宿泊してゆっくりと街を歩いたのは初めて。台北への帰りの新幹線のことが心配で、六合夜市にも行ったことがなかったため、ゆっくりと楽しめて良かったです。

夜市のパパイヤミルクも水餃子も本当においしくて、次また高雄を訪れるのが楽しみで仕方ありません。2018年12月に再び高雄へ遊びに行くので、また新しいネタ探しをしている今日この頃です。

次回からの2018年5月の台湾旅行記は、「台南日帰り観光」編になります。こちらもお楽しみに!