シドニー旅行記《最終回》早朝のJL772便で帰国

シェアする

皆さん、こんばんはorphen(@orphenchannel)です。

スローペースだったシドニー旅行記も今回でついに最終回!最後は行ってから1年経ってるやん!みたいな状況にも関わらず最終回まで見ていただきまして、ありがとうございます。それではJL772便搭乗記をお送りしたいと思います。

前回までのシドニー旅行記

スポンサーリンク

JMBツアーのホテル集合は早朝!5時!

帰りの飛行機は8時過ぎにシドニー キングスフォードスミス空港を出発する便のため、JMBツアーのホテルへのピックアップタイムはなんと朝5時!は・・・早い・・・朝が苦手な夜型人間なので早朝集合は、なかなか辛い。

シドニーから成田まで約10時間。ま、まぁ、機内で寝ればいいや!

ホテルを朝4:45頃にチェックアウトすると、すでにけっこうな人数が集合していました。皆さんエアーズロックやハミルトン島など思い思いのところへ行っていたようです。もしかして3泊5日なんて短い日程な上に、ずっとシドニーにいた私たちって希少人種なんじゃないだろうか・・・

シドニー空港チェックイン

送迎バスに揺られること約20分、空港へ到着です。シドニーは市内中心部から空港までが近いのが便利ですよね。しかも早朝なので、道も空いています。そして外はまだ暗い。

そのままJALのチェックインカウンターへ・・・

行きはバゲッジスルーで楽々だったのが帰りは成田空港で入国審査などがあるため一度荷物を受け取らないといけないらしい。乗り換えの時間が短いけど大丈夫かなぁと少し心配。でもJAL便同士だし、JMBからの指定だから間に合う時間に違いない!

いざ!JL772便で日本へ!

シドニー空港で買い忘れたお土産や微妙に残ったオーストラリアドルでお菓子を購入。改めて自販機を眺めると、やっぱりシドニーって物価高いですよね〜・・・。

vendingmachinesydney

ペットボトルのジュースが1本4ドル(約360円)って・・・

sydneyairport-jl772

空港をウロウロ探索し終わったので、そろそろ搭乗口へ行ってみます。この案内を見ると、いよいよ帰国かぁと思っちゃいますよね。JL772便は何の問題もなく日本へ出発!

JL772便:機内食1回目

jl772outside

窓からグレートバリアリーフきれいだなぁと眺めながら、まだオーストラリア上空かぁ。オーストラリアって広いなぁと過ごしていたら、機内食の時間がやってきました!

機内食の1回目はビーフかチキンかのチョイスありのパターンでした。ふたりだったので、ひとつずつ注文してみました。

jl772flightmeal-chicken

まずはチキン。これ、どんな味だったのか思い出せない。でもハズレではなかったと思います。

jl772flightmeal-beaf

続いてビーフ。ハッシュドビーフみたいなやつだったと思います。夫にどうだったか覚えてる?とコメントを求めるも覚えていない事件。えぇ、まぁ、シドニー旅行記はスローペースでしたからね。

JL772便:機内食2回目

成田空港までは約10時間。まだまだ機内です。遠いなぁ・・・。

前席にいるオーストラリアと日本のハーフの男の子が可愛くて、後ろ向いてくるからネックピローとか使って遊んで過ごせたので楽しかったですけどね。

という訳で、本日2度目の機内食タイム。

jl772flightmeal2nd

今回はチョイスなし。メインはクリーム系のパスタでした。太麺なので食感がモチモチしていて生麺風な雰囲気が出ていました。何故かデザートはティムタム。

成田到着〜国内線JL3007便へトランジット

約10時間のフライトを経て、ようやく成田に到着です。しかし、地方民はここからまだ乗継が待っています。

入国審査、バッゲジクレーム、税関をこなし、国内線カウンターで再度荷物を預けるという国内線搭乗までのミッションを1時間半でこなさないといけません。実際は搭乗口に早めに到着していたいので、1時間弱。しかも成田空港で国内線に乗継ぐのも初めてなので迷子になったらアウトなので、なかなか緊張感でした。

toitamijl3007

なんだかんだで無事に搭乗手続きも済ますことができ、JL3007便で伊丹空港まで帰ります。長かった旅もいよいよ終焉が近付いてきました。

伊丹空港到着

JL3007便は無事にほぼ定刻で伊丹空港へ到着しました。

国内線内でのドリンクサービスでは「長旅お疲れ様です」と声をかけていただいたので、どの人が国際線からの乗継ぎ組かもチェックされているのかなぁと思いました。でも、その一言でホッとすることができ、さすがJALさんだなぁと思っています。

伊丹空港では時間がなくて写真は撮れませんでしたが、京都駅までバスで移動し地方民は無事に自宅へ到着できました。ホテルを出発してから自宅まで約18時間の旅。これに懲りずに次はどこへ行こうかなぁ♪

おまけ:シドニー旅行記で食レポが少ない理由

さて、最近のハワイではおいしかったブログが多いのに、シドニーではほとんどありません。それは単純に撮り忘れた以外に資金難に陥って、ホテルの部屋でカップ麺やマフィンで過ごしたりしていたからです。

物価の高いシドニー。皆さんは資金に余裕を持ってお過ごしください・・・。

ですが、シドニーのバーでは昼間10ドルでステーキが食べられるお店もあったりするので、お店選びを間違えなければおいしく楽しく過ごせます!

10dollersteak

こんなステーキが10ドルなんですよ!1人1皿頼まないといけないというルール付きですが、本当にガッツリでお昼からお腹いっぱいになります。

またシドニーの人々は困っている時話しかけてもけっこうフレンドリーで、親切に教えてもらえたので人の印象がすごく良かったです。

長らくのシドニー旅行記に最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。現在、連載中のハワイ旅行記と合わせて、次はシンガポール旅行記をアップしていこうと思います。そちらの方も、よろしくお願いします。

webもちょっとだけできるDTPデザイナーで旅ブロガー。
海外旅行歴6年。アジアを中心にハワイやシドニーなどへ行ってます。最近は台湾が大好きでリピートしています。TwitterやFeedlyをフォローしていただくと、更新情報を逃さず手に入れられます。ぜひフォローしてくださいね♪
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

facebook
シドニー旅行記《最終回》早朝のJL772便で帰国
この記事をお届けした
travel.naproutの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!